2012年02月19日

まさかの・・・・

背骨の棘突起を骨折してしまいましたバッド(下向き矢印)


重要な骨ではないので生活にはほとんど支障は出ませんが
ジャンプの着地の際に痛みが生じるので飛べませんもうやだ〜(悲しい顔)





今年は大会で成績を出していきたっかたのに・・・・
骨自体はくっつくまで2〜3ヶ月かかりますが
痛みがなくなれば練習してもいいらしいです




しかし、どれぐらいで痛みが引くかは先生にもわからないとのこと





早く練習した〜〜〜〜い
ということで整体に行って酸素カプセル、電気、超音波などで
ケガの治りをよくしてます



サイヤ人ばりに回復してくれ〜〜〜〜w






そんなこんなで出来ることをしようということで
今日はキャンプのアシスタントをさせてもらいました



サイモンさんのアシスタントだったんですが
10年コーチをやっているだけあって
やばいですexclamation×2


次から次へと飛んでくるキャンパーさんたちに
的確なアドバイスをして成長させる手(チョキ)
見る能力が高すぎますひらめき




そのぐらいのレベルじゃないと
いざうまい人が現れても技は盗めませんふらふら




まだ、僕はカメラで撮ったコマ送りの映像じゃないと
的確な判断はできません




でも、今日はサイモンさんの言っていることを聞きながら
エアーを見れたのでいい勉強になりました手(チョキ)




コーチとして、もちろん選手として成長できるように
怪我している間も逆にチャンスだと思って
出来ることを精一杯頑張ろうと思いますexclamation×2


写真.JPG

posted by FREESKI ACADEMY at 19:47| Comment(4) | 日記

2012年02月08日

滑る能力

ここ最近、不覚にも体調を崩していた池田ですふらふら


ようやく昨日あたりから


風邪も治り


弱ってるときにいろいろ助けてくれた方々



ありがとうございましたexclamation×2



さてさて、最近の僕の練習課題は


スキー技術exclamation×2


いわゆる滑る技術ですね


なんで滑る練習をするようになったかというと


今シーズン、キッカーやジブでくらう数が


めちゃくちゃ多く


その分、練習できない日も増えましたもうやだ〜(悲しい顔)


それを見兼ねた白川さんが


原因をいろいろ考えてくれて


滑る技術が低いから


リカバリーができなかったり


アプローチが悪いから失敗が多いのでは


という見解に至り


こうして滑りの練習が始まりました








スキー練習内容は


片足で滑ったり


外足を意識したターンをハの字でやったりと


レジャースキーからフリースキーを始めたので


良い勉強になったし


周りとの差をしっかり認識できました








雪さらにパイプを滑ると


滑りのいい練習になるし、クォーターパイプ対策にもなるし、Rの使い方もよくなる


ということでハーフパイプの練習をここ最近してましたわーい(嬉しい顔)


最初は慣れるのに必死でよくわかりませんでしたが


最近、ようやくハーフパイプの良さがわかってきましたひらめき


まず、ハーフパイプはRが次から次へと襲ってくるのでw


Rの使い方が上手くなりキッカーのRが簡単に感じまするんるん


次にポジションexclamation×2


ポジションが悪いとうまく滑れないので

すぐに何が悪いか確認できます


ウォータージャンプで飛びやすいポジションを見つけて


ホントのいいポジションがよくわからなくなってた


僕にとって一番いい収穫でしたグッド(上向き矢印)


みなさんも是非、キッカーばかり飛ばずに


ハーフパイプもやってみてはいかがですかexclamation&question








posted by FREESKI ACADEMY at 18:16| Comment(0) | 日記